オリゴ糖を口から摂取した場合、消化吸収力に長けた胃の中で消化摂取されてしまい、便秘を生じている大腸内まで届かないのではとの疑問は、ある程度身体内のメカニズムやサプリメントに詳しい方々であれば思い浮かべる事でしょう。ですがこうした心配は無用なのがオリゴ糖の特徴で、胃や小腸では摂取されにくく、その大半が有効成分としての状態を保ったまま大腸に運ばれます。

ちなみにこのオリゴ糖は玉ねぎやごぼうなどの野菜にも豊富に含まれています。昔から「ごぼうはお通じに良い」との言い伝えがありますが、これは豊富な食物繊維だけをその理由に指しているのではなく、オリゴ糖の効能が深く関係しています。当時の人達がこのメカニズムを詳しく解明していたとは思えませんが、貴重な先人の知恵が今日、オリゴ糖製品となって私達を助けてくれています。

ちなみに大腸で正常な排泄に大きな力添えを届けるビフィズス菌は糖を大好物とする菌ですが、ブドウ糖や砂糖などは大腸に達する手前で消化吸収されてしまうため、結果大腸内のビフィズス菌は慢性的にお腹を空かせた状態になりやすく、これも便秘の兆候から症状が進行する一因と考えられます。その点オリゴ糖は先述の通り大腸まで確実に到達出来、ビフィズス菌にとって大切なご馳走となり、自らの身を呈して便秘改善効果に尽力する成分です。

Comments are closed.

アーカイブ

カレンダー

2017年1月
     
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031