オリゴ糖は成人であれば1日当たり5~8グラム程度を継続摂取する事で、腸内のビフィズス菌を確実に増やして活動を活性化させ、悪玉菌を減らす事で腸内環境を適正に届ける役割を果たします。ビフィズス菌にとってオリゴ糖は私達の日常の食事に該当する貴重な栄養素ですので、思いつきで過剰摂取したとしても、最大限期待出来る効果に応える事は叶いません。むしろ過剰摂取からお腹が緩くなるなど、逆効果に繋がる場合があり、自然成分で安全だからと安易な摂取は禁物です。

オリゴ糖の便秘解消効果の特徴として、市販の便秘薬、あるいは他の数々の有効成分とは異なり、オリゴ糖自体がダイレクトに腸内環境の改善効果を発揮するのではなく、あくまでビフィズス菌の栄養素として「殉ずる」役割を担っている点を理解しておきましょう。

ちなみにオリゴ糖の製品に関しては、やはり純度が最も高い粉末を適度なお湯に溶かして飲むスタイルが1番確実です。珈琲やジュースなどと一緒に飲む事も可能ですが、極力他の成分とは切り離して胃から小腸経由で大腸に届ける手法が望まれます。先行投資すなわち購入した上での摂取ですから、経済面の視点からも。より確実な効果に繋がる方法の選択からの実践は当然です。

Comments are closed.

アーカイブ

カレンダー

2017年1月
     
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031